柄山オンシミ村 1 페이지



柄山オンシミ村 목록

江陵の人々の性格に似た素朴ながらも淡泊で香ばしい味。

江陵を代表する食材料を挙げろと言われればジャガイモを外すことはできないでしょう。

 

海と隣接した松林の向こう側、肥沃で水はけの良い屏山村の広い平地は、韓国でも有数のジャガイモ栽培の適地です。

 

貧しかった時代に比較的簡単に手に入り、味も良く栄養も豊富で江陵の人々の暮らしと食べ物文化に大きな影響を及ぼした食材料ジャガイモ。

 

足りなければ足りないなりに、豊かなら豊かななりに分かち合って生きる江陵の人々の暮らしと暖かい人情が同伴する、

​思い出が詰まった食べ物、屏山のジャガイモで作った白玉、オンシミを村で味わってみてください。



6業者 (2022.09)
写真をクリックすれば詳しい内容が見られます。

周辺の観光地

  • 鬱蒼とした森が逸品、南項津浜辺
  • 江陵空港の入口に位置した浜辺で、南項津は南大川の河口で剡石川と出会って海に流れ出る所にある入り江で、昔、松亭から寒松寺へ行く南側の町角にある船着場として名付けられた。浜辺の近隣に鬱蒼とした松林があって海水浴や散歩を楽しむのにとても良い。
  • 江陵の代表的な港、江陵港
  • 2008年5月までは安木港という名前で呼ばれていた。江陵の主な河川である南大川下流にあり広くて白い砂浜と海松で有名だ。旅客ターミナル、ヨットマリーナ(ヨット係留施設)、水産物販売場、刺身用活魚センターなどと共に近距離の安木浜辺にコーヒー通りも造成されていて、江陵を訪れる観光客が一度は立ち寄る場所となっている。
  • 江陵の観光名所として浮上した、安木浜辺のコーヒー通り
  • 安木(アンモク)という名前は本来、村の前にある町角という意の「前(アプ)モク」だったが発音が次第に「アンモク」に変わった。江陵港のすぐ横の安木浜辺を眺める位置に相当数のコーヒー専門店ができているが、今でも一層拡大している傾向だ。早朝から夜遅くまで人々の足取りが絶えない。
  • 海と川をつなぐ南項津の松風橋
  • 2010年4月に建てられた南項津の松風橋は安木と南項津をつなぐ往復560mの歩道橋だ。海と川の間に置かれた橋の特性上、風が強く吹いて夏になれば名所に選ばれる所で、韓国では初めて空を横切る「アラナビ」が注文津に続き第2号としてオープンした。アラナビは安全ベルトと連結された滑車をワイヤーにかけて高い所から低い所へ下降する新種のエクストリームレジャースポーツだ。
  • 高齢者の働き口創出の模範、江陵シニアクラブ
  • 地域社会の高齢者たちに働き口を普及させて経済活動の機会を提供し、活気に満ちた老後生活が送れるように支援しようと2007年3月に設立された江陵シニアクラブは、公益型・福祉型・教育型中心に働き口事業を広げている。地域の高齢者の働き口創出の先頭走者として仕事を楽しむ高齢者像の確立と老人福祉向上にも大きく寄与している。住所:江原道江陵市空港ギル19
  • 海水浴とレポーツを同時に。安木海岸
  • 見召洞に位置した長さ500m、2万㎡の白い砂浜がある安木浜辺は家族連れの避暑客が楽しむのにぴったりの所だ。安木は南大川河口の反対側にある南項津から松亭へ行く村の前にある町角という意味。岩が多くて海の風景が美しく、スキンスキューバ同好会などのたくさんの人が訪れる。海水浴場のすぐそばには江陵港があり、釣り客たちがサバ、ウグイ、ボラ、クジメなどを釣り上げている。刺身屋も多くて新鮮な刺身が楽しめる。

Gangneung-si, Korea Foodservice Industry Association | 129, Gangneung-daero, Gangneung-si, Gangwon-do
Gangneung-si Agricultural Technology Center | 3738-17, Donghae-daero, Sacheon-myeon, Gangneung-si, Gangwon-do
Copyright©Gangneung-si Agricultural Technology Center. All Right Reserved.