草堂豆腐村 1 페이지



草堂豆腐村 목록

よくふやかした豆をきれいにすり潰して豆スープを作ります。繊維質を取り除いた豆スープを焦げ付かないようにかき混ぜながら沸騰させた後、
​にがりを入れてやわらかく凝固させればおぼろ豆腐(スンドゥブ)になり、枠組みに入れてしっかり固めれば豆腐になります。
 
草堂(チョダン)豆腐が特別な理由は、地元で栽培した豆をおふくろの手で真心をこめて松の香りのする東の海の深い味を加えて作り上げたからです。
 
肥沃な土地で汗を流して収穫した国産の豆に東の青い海で得た知恵を加えて、
​代を受け継ぐ手作りの味に作り上げる江陵(カンヌン)の食べ物、草堂豆腐の歴史と文化のふるさと、
​江陵の人々の暮らしと文化が盛り込まれた草堂村の豆腐を味わってみてください。



19業者 (2022.09)
写真をクリックすれば詳しい内容が見られます。

周辺の観光地

  • 江陵が産んだ許筠・許蘭雪軒記念公園
  • 朝鮮中期の文臣であり洪吉童の著者の許筠と、彼の妹であり代表的な女流詩人だった許蘭雪軒が住んだ生家と記念館のある公園だ。記念館には「蘭雪軒集」と「洪吉童伝」の木版本が展示されている。体験館では伝統茶を味わいながら当時の生活を肌で感じることができる。天気の良い日には広い公園は家族連れや観光客でいっぱいになる。
  • 鏡浦といえば「鏡浦湖」
  • 面積1.064㎢、周囲5.21㎞。その大きさを誇る鏡浦湖は鏡のように美しいとしてその名前が付けられた。美しい周辺景色だけでなく、先史時代の文化遺跡をはじめとして花郎説話が伝わり、歴代名士の息遣いや足跡が残されている所でもある。鏡浦台から眺める鏡浦湖に映った月は素晴らしく美しい。
  • 江陵グリーン都市体験センター 冬季オリンピックパーク
  • ロックシステム見学、エコツアー、グリーンアカデミー、グリーン週末体験など環境教育に興味を持たせる体験プログラムを運営する江陵グリーン都市体験センターでは多様な教育、展示がなされている。2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを前に準備された広報館では多少なじみが薄い冬季オリンピック種目を4Dで体験できるようにして一般人の理解を高めている。
  • 江陵原州大広報館、豆腐体験館
  • 2013年の春にオープンした江陵原州大広報館は草堂豆腐村の中にある。豆腐村のレストランや住民センターなどと連係して「高齢者の方と小豆粥一杯を分かち合うイベント」「江陵式モチ餃子スープ分かち合い」など、多様な地域活動を行っている。広報館の向かい側にある草堂豆腐体験館は観光客を対象に豆腐作り体験などを行なっている。

Gangneung-si, Korea Foodservice Industry Association | 129, Gangneung-daero, Gangneung-si, Gangwon-do
Gangneung-si Agricultural Technology Center | 3738-17, Donghae-daero, Sacheon-myeon, Gangneung-si, Gangwon-do
Copyright©Gangneung-si Agricultural Technology Center. All Right Reserved.