注文津海鲜村 1 페이지



注文津海鲜村 목록

嶺津港と注文津港をつなぐ海岸道路に沿って、

​東の海の新鮮な生命力が生きている元気な海産物に出会える注文津の海産物村は新鮮な海の香りでいっぱいの博覧会場です。

 

寒流と暖流が交差し、遠近海の多様な魚種の集産地である注文津港を中心に、

​季節ごとの多様な魚種を利用して料理する海岸村の人々の食卓は注文津海産物村だけで出会える特別な楽しみです。

 

東の広い海で今しがた釣り上げられた新鮮な海産物で豊かに準備された自然の味が楽しめる場所。

​やぼったい外見の中に隠された海岸村の人々の豊かな人情と暖かいおふくろの味に出会える所、注文津海産物村を紹介します。



9業者 (2022.09)
写真をクリックすれば詳しい内容が見られます。

周辺の観光地

  • すべての海産物がみな集まった、注文津水産市場
  • 1936年にオープンした注文津水産市場は総合市場、乾物市場、刺身センターなどを含む多様な形態の商店街と連携されている東海岸最大規模の魚市場であり国内外の観光客がたくさん訪れる伝統市場だ。市中価格より安く購入でき東海の雰囲気漂う新鮮な刺身がそのまま味わえる。
  • 昼も夜も美しい注文津港
  • 500隻以上の漁船が停泊できるほど大きな規模を誇る注文津港は、イカ、アカウオ、スケトウダラ、サンマ、イワシなどを中心に多くの魚種が収穫される。船で今しがた捌いた刺身が非常に新鮮で観光客の味覚を惹き付けるのに充分だ。イカ釣り船の華やかな灯りが壮観を作り出す夜景が非常に印象的だ。
  • 思い出に浸る、注文津の灯台
  • 江原道の中部地域は特に発達した港がなく他の地域に比べて灯台が遅く設置されたが、注文津灯台は1918年、江原道では最初に建てられた。白円形の煉瓦造りで建てられたこの灯台の灯塔は最大直径3m、高さ10mで外壁には白色の石灰モールタールが塗られている。
  • 毎年たくさんのイベント、牛岩浜辺
  • 村全体が牛が横たわっている形だとして牛岩という地名がついた。周辺は奇岩で覆われていて、近海に牛に似た岩がある。素手でイカを捕まえたり貝を捕まえたりするイベントがいっぱいの牛岩浜辺がオープンする期間は7~8月で、シャワー室、更衣室、トイレ、給水台、キャンプ場などを備えている。
  • 歴史がある注文津聖堂
  • 李喆淵フランシスコ初代神父が1921年、金光里に本堂を設立したが発展の可能性が小さいため1923年に注文津に本堂を移した。福音、布教、司牧活動をしており、ソン・ヨソプ聖人の聖徳実践のための「ヨソプ会」や女性信徒の個人聖化と親睦を図るための「アンナ会」など16の団体で色々な活動が行なわれている。

Gangneung-si, Korea Foodservice Industry Association | 129, Gangneung-daero, Gangneung-si, Gangwon-do
Gangneung-si Agricultural Technology Center | 3738-17, Donghae-daero, Sacheon-myeon, Gangneung-si, Gangwon-do
Copyright©Gangneung-si Agricultural Technology Center. All Right Reserved.