沙川ムルフェ村 1 페이지



沙川ムルフェ村 목록

東の海の潮の香りを調味料に、海辺の人々の暮らしの知恵を器に素朴に入れた食べ物、ムルフェ。
 
海の真ん中で重労働をする漁師の空腹感を満たし疲れた体に気力を与える、漁師たちの食事だったムルフェが、今や東海を代表する食べ物となりました。​
 
海辺の人々の暮らしの中から生まれた多様な漁村の料理に出会え、東海の新鮮さを五感で感じることのできる場所、沙川ムルフェ村を紹介します。

 

12業者 (2022.09)
写真をクリックすれば詳しい内容が見られます。

周辺の観光地

  • エキゾチックな風景を持つ沙川港
  • 江陵が抱く東海岸の裾でクチバシのように突き出した形をしていて「プルカ」とも呼ばれた沙川津里にある小さい漁港だ。岩石の海岸が少なくて船舶停泊場や水洋場の施設などが大規模に入ることはできずヨットを楽しむのに良い。
  • 沙川名物、テッジャンバウィ
  • ティッソム(後島)とも呼ばれ、橋がかかっているので自由に行き来できる島だ。風が強い日は波が岩を打って上がってくる珍しい風景も見られる。沙川浜辺の名物であり、遠くからテッジャンバウィを見に来る人がとても多くなっている。岩の上に上がれば水路を測量する基準になる水路測量点標も見ることができる。
  • 蛟龍の伝説がある蛟門岩
  • 燕山君7年(1501年)、岩の下に蛟竜が住んでいたが空に昇天して岩が割れたという伝説が伝わっている。岩の形が門の形状をしているので蛟門岩という名称になったという。今は釣り場として人気が高い。蛟門岩の由来から、許筠は文集に蛟山という号を使ったりもした。
  • 海松が茂った沙川浜辺公園
  • 沙川浜辺のすぐ前に茂った松が涼しい日陰を作っている浜辺公園がある。松林の中には観光客のための亭子があり爽やかな海風を受けて汗や海水を乾かすのにいい。近隣のコーヒーショップでコーヒーをテイクアウトして休むのにぴったりの場所だ。
  • ヨットを楽しむ人たちのメッカ、江陵沙川ヨット競技場
  • ヨットを趣味として楽しむ人だけでなく、プロのヨットクルーたちの間でも江陵沙川ヨット競技場は一度は行ってみるべきメッカと言われている。風が良くて波が静かで、春、夏、秋にはヨットを楽しもうとする人たちで溢れ、たびたび関連大会が開かれている。プロのヨットクルーの訓練場所としても愛用されている場所だ。
  • 江陵の名物、コーヒー豆パン
  • 2015江陵市優秀観光商品に選ばれた江陵コーヒー豆パン。今は類似の色々なコーヒーパンが江陵だけでなくあちこちの地域で生産されているが沙川ムルフェ村のここが元祖として知られている。コーヒー豆の形をしたパンはやわらかくて甘い味が特徴。ムルフェ村に来る人は誰でも一度は立ち寄っている場所だ。

Gangneung-si, Korea Foodservice Industry Association | 129, Gangneung-daero, Gangneung-si, Gangwon-do
Gangneung-si Agricultural Technology Center | 3738-17, Donghae-daero, Sacheon-myeon, Gangneung-si, Gangwon-do
Copyright©Gangneung-si Agricultural Technology Center. All Right Reserved.